広告 アニメ・漫画・小説

ドクターストーン作者死亡?打ち切りが理由で最終回がひどい?

ドクターストーン作者死亡?打ち切りが理由で最終回がひどい?

2023年12月にアニメ第4期の制作が発表された大人気漫画「ドクターストーン」

人気作品ではあるものの「作者が亡くなっているのでは?」「打ち切り?」という噂などが飛び交っていることが分かりました。

ここでは、ドクターストーン作者死亡?打ち切りが理由で最終回がひどい?について調査しました!

本記事では以下のことについてお伝えしています。

  • ドクターストーン作者死亡?
  • 打ち切りが理由で最終回がひどい?

それではいってみましょう!

ドクターストーン作者死亡?

「ドクターストーン」は2017年から週刊少年ジャンプにて連載されている、稲垣理一郎先生によるサバイバルファンタジー漫画。

累計発行部数は1500万部を突破するなどの大人気漫画です。

アニメも第3期まで放送されておりジャンプファンに人気の作品です。

ですが検索ワードには「作者 死亡」の不吉な文字が…。

気になったので調査してみました!

ドクターストーン作者死亡?

結論から言うと作者の「稲垣理一郎」さんは亡くなっていません!

現在も漫画家として活躍しています。

最近ドラマ化した「トリリオンゲーム」も稲垣理一郎先生の作品です!

作者死亡説が出た原因

明確な原因は分かっていないですが、最終回に納得していない読者が多かったことが原因のようです。

「漫画の伏線が回収されていない」

「実験部分が省かれて描かれている」

などの完結へ向けて物語を進める中、急に最終回を迎える事となったため作者に何かあったのでは?と噂が出たようです。

打ち切りが理由で最終回がひどい?

「次にくるマンガ大賞」「小学館漫画賞少年向け部門」などを受賞し、舞台化もしている「ドクターストーン」

人気だったこの作品の”最終回が酷い”や”打ち切り?”と話題になっていました。

ここでは最終回の内容や打ち切りの真相を書いています。

※以下ネタバレを含みますのでご注意ください。

ドクターストーン打ち切り?

結論から言うと打ち切りではありません!!

2022年3月に週刊少年ジャンプで完結し、単行本も全26巻でしっかり完結しています。

ですが、打ち切りなのでは?という疑問を抱えた読者が多かったのも事実。

アニメ第3期が終わったことによる勘違いと、最終回がファンの納得のいくストーリーではなかったのが原因と考えられます。

アニメも原作も、最後が駆け足で終わってしまったように感じたファンが多かったため、打ち切られたのでは?と噂になりました。

アニメ第4期制作決定!

2023年12月、「ドクターストーン」第4期の制作決定が発表されました!

単行本でいうと17巻からの内容が描かれる予定です。

放送時期などはまだ発表されておらず未定ですが、ネット上では盛り上がっていましたね。

ドクターストーン最終回ネタバレ

月面に到着した千空・コハク・スタンリー。

ホワイマンを探すため、人工衛星で確認した不可解な黒いしみがあった「タウルス・リットロウ渓谷」へ向かいます。

人工衛星から見えた黒いしみは、無数の機械生物ホワイマンの集まりであり、ホワイマンの正体は石化装置そのもであり、機械の寄生生物でした。

ホワイマンの目的は、石化による永遠の命をエサに与えることで、人類に自らの身体を保守・複製を行わせること。

千空はホワイマンから今までの経緯を聞き交渉することに。

外界と電波を遮断した状態で、千空はホワイトマンたちに体を預けるように提案します。

ここで千空は”あるもの”をクラフトできるかもしれないと話します。

ですが「とてつもな科学クラフト」ができる確率はほぼ0パーセント。

ホワイトマンたちはこの要求には乗れない、他の生命体を探しに行くと言います。

しかし、一人のホワイトマンは千空に賭けて地球に残ることに。

千空たちは無事に月から帰還し、数年後には世界が復興を果たし大樹と紅は結婚式を挙げていました。

そして千空はとてつもない科学チームを率いて「とてつもない科学クラフト」の開発に取り組んでいました。

この「とてつもない科学クラフト」は「タイムマシーン」のことであり、過去に戻りホワイトマンたちを止めることで、大量死から救うことを考えていました。

ここで物語は終了です。

最終回が酷いと言われた原因

”最終回が酷い”と言われる理由にはいくつかありました。

①伏線が回収されていない

「ホワイマン」の謎が残り、もやもやしている読者が多かったようです。

科学にこだわっている漫画なだけあって、全ての謎を解決してほしかったという思いが強い読者が多かったようです。

これも最終回が酷いと言われる原因の一つではないかと考えました。

②アメリカ編から実験部分が省かれている

宇宙船を作るのに必要な材料を集めるためにアメリカに行った千空。

ここでの戦いでは今まであった実験部分や原材料説明などが省かれており、完結を急いでいるのでは?と疑問が生まれたようです。

③最後の風景

石器時代の状態から現代科学を蘇らせ、さらにその先に進んでいると言える最終回。

ですが、ちらほら木製の建物が…。

もう少し発展していても良かったのでは?という疑問が読者からあがっていました。

現代化されていないことが納得できていない読者がいたそうです。

全3話の続編で最終回

ファンからの声が届いたのか、スピンオフではなく続編という形で2023年11月6日発売の週刊少年ジャンプに掲載されました。

これには読者から喜びの声が。

タイムマシーンを作る千空がメインのお話のようです!

ドクターストーン作者死亡?打ち切りが理由で最終回がひどい?まとめ

本記事では以下のことについてお伝えしました。

  • ドクターストーン作者死亡?
  • 打ち切りが理由で最終回がひどい?

ドクターストーンの作者は死亡していないことがわかりましたね!

打ち切りではなく、読者とのすれ違いによって噂がたったことも分かりました。

全3話と短いですが、完全に続編という形で連載されたのも読者としてはとても嬉しかったですよね!

これからも大人気作品を生み出す稲垣理一郎先生の活躍に期待しています!

  • この記事を書いた人

ふぁむ

看護師からブロガー1年目|20代後半

-アニメ・漫画・小説