広告

『魔法科高校の劣等生』桜井水波が死亡?正体はパラサイトで裏切り?

『魔法科高校の劣等生』桜井水波が死亡?正体はパラサイトで裏切り?

小説家になろうから始まり、電撃文庫からライトノベルが発売された『魔法科高校の劣等生』

ライトノベルばかりではなく、アニメやゲーム、ノベライズ等もされたのもあり、非常に人気がある作品です。

そんな『魔法科高校の劣等生』に登場人物の一人での桜井水波ですが、作中で死亡したんじゃないかとされています。

桜井水波の正体はパラサイトで、裏切りをしたんじゃないかともされているのですが、それが事実なのかどうか気になるところでしょう。

本記事では以下のことについてお伝えしています。

  • 『魔法科高校の劣等生』桜井水波が死亡?
  • 正体はパラサイトで裏切り?

>>>期間限定!
『魔法科高校の劣等生』を一気にお得に読む方法はこちら

『魔法科高校の劣等生』桜井水波が死亡?

『魔法科高校の劣等生』は佐島勤の作品で、最初は小説家になろうで連載されていました。

その後に人気が出て、電撃文庫でライトノベルとして発売される事になったのです。

連載自体は既に2013年に終わり、本編のライトノベルも2020年に発売は終了するが、続編やスピンオフは現在において連載も発売も続いています。

そして本編の累計発行部数は2023年7月の時に1400万部となっていて、シリーズ全体を通したら2500万部です。

更にはアニメやノベライズ、劇場版にもなった事から、より人気のある作品と言っても過言じゃないでしょう。

『魔法科高校の劣等生』桜井水波が死亡?

まずは桜井水波が死亡したのかどうかを解説します。

結論から申し上げますと、死亡はしていません。

死亡はしていませんがある事情で冬眠していて、やがて目を覚まして続編でも活動している状態になっています。

なので生存していると言えるでしょう。

>>>期間限定!
『魔法科高校の劣等生』を一気にお得に読む方法はこちら

『魔法科高校の劣等生』桜井水波のプロフィール

次は桜井水波のプロフィールを紹介していきますね。

水波は桜井穂波の遺伝子上の姪で、外見も穂波と全く同じです。

四葉真夜の命令で深雪のガーディアンを務める事になったので深雪達の傍で働きつつ、学校に通うようになりました。

深雪達は水波を実の妹のように可愛がって信頼していて、水波も2人の事を慕っていますが、達也の身の回りの事をしようとするときは深雪と張り合ったりします。

表情は余り変えたりはしませんが、無感情と言うわけではないので、状況によってはしばしば良いリアクションを見せているのです。

魔法は主に障壁魔法を扱い、戦闘力も深雪達に比べれば低いが、それでも他の生徒達に比べれば高いレベルを誇っています。

正体はパラサイトで裏切り?

『魔法科高校の劣等生』のあらすじは以下の通りとなっています。

昔「超能力」と呼ばれていた能力が「魔法」という名前へと変化を遂げ、その後は急激に成長した魔法技能師と言う強力な戦力が誕生。

その戦力は国として重要な存在とされるようになって、やがて発生した第三次世界大戦などの出来事が起こります。

そして魔法技能師養成を行う学園に、エリートとして将来を約束された司波深雪と、その補欠で深雪の兄である司波達也が入学する事になりました。

深雪は四葉家の次期当主候補で、達也は深雪のガーディアンでもあるが、2人はそれぞれの役目や将来に完全に拘束されている状態。

そのため2人は決められたものではなく、将来は自分達で決めようと動き出そうとするのです。

正体はパラサイト

まずは桜井水波の正体はパラサイトなのかについて解説します。

結論から申し上げますと正体は調整体魔法師です。

調整体魔法師は遺伝子調整技術により誕生を果たした魔法師の事を指しています。

当初は人工授精と遺伝子操作を使って実験がなされて誕生していましたが、どんどん非効率になっていきました。

次第により効率の良いやり方を求めて、血統交配と遺伝子検査によって生まれた潜在能力開発型がメインとなって来たのです。

そのため調整体魔法師は20%程しかこの世には存在していません。

穂波も調整体魔法師で、彼女が命を落とした後に彼女の遺伝子とかを使って水波が生み出されたのでしょう。

ただパラサイトに関しては、敢えて自らなりました。

事の発端は水波が魔法を限界まで使ってしまい、その影響によってオーバーヒートを起こしてしまった事です。

それによって水波に思いを寄せていた九島光宣は彼女を救うために、どうするか悩んでいたパラサイトになる道を選びました。

更に水波を救えるのなら、命すら投げ出す覚悟もあったのです。

その覚悟を知った水波は己自身も長生き出来ない事も察していたので、パラサイトになって光宣と冬眠する事になりました。

>>>期間限定!
『魔法科高校の劣等生』を一気にお得に読む方法はこちら

裏切りをした?

次は桜井水波は裏切ったのかについて解説します。

結論から申し上げますと、裏切った形にはなりましたが罪悪感はありました。

上記でも述べましたが水波は魔法の使い過ぎでオーバーヒートを起こし、光宣は躊躇っていたパラサイトになりました。

そして水波は光宣の事を知り、自分のためにパラサイトになってしまった事や光宣や達也が意見を対立しあっている事等に苦悩したのです。

それから光宣は水波を連れ去る目的を抱いて病院へと侵入してきて、深雪と戦うもだんだん追い詰められていってしまいます。

本来深雪のサポートをしないといけない筈の水波は何故か光宣を守る体勢を取ってしまい、好機と感じた光宣は彼女を拉致したのです。

自分のために危険な目に自ら遭っていった光宣が命を落としてしまうのを無意識に嫌がったからこそ、ああいう行動をとってしまったのでしょう。

そして拉致られた後は、深雪を裏切るような真似をしてしまった事に罪悪感を感じていました。

意識的じゃなく、無意識で守ってしまったからこそ、そのような感情を抱いてしまったのでしょう。

それ以降はまた無理をしてしまったせいで意識を失ってしまい、やがて駆けつけた達也達が保護。

そして上記のように冬眠するまでは、再びいつも通りの任務を行いました。

恐らくその間もずっと罪悪感を抱いていたのでしょう。

『魔法科高校の劣等生』桜井水波が死亡?正体はパラサイトで裏切り?まとめ

本記事では以下についてお伝えしました。

  • 『魔法科高校の劣等生』桜井水波が死亡?
  • 正体はパラサイトで裏切り?

桜井水波は死亡せず、続編になってからは普通に過ごしています。

正体はパラサイトなのかについてはそうではなく、調整体魔法師です。

ただ光宣が自分を救う覚悟を持ってパラサイトへとなった事を知り、自分自身もパラサイトになる事を決めて冬眠。

裏切りについては裏切りましたが、本心ではなく罪悪感を抱いていたのです。

何にしても死亡する事無く生存していたので、良かったと言えますね。

-アニメ・漫画・小説, 魔法科高校の劣等生